忍者ブログ
映画は死んだのか!?
李仁古の勝手に映画評論! 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





原題 MR73


 監督:オリヴィエ・マルシャル
 脚本:オリヴィエ・マルシャル
 製作:シリル・コルボー=ジュスタン
    ジャン=バティスト・デュポン
 製作総指揮:フランク・ショロ
 撮影:ドゥニ・ルーダン
 編集:ラファエル・アルタン
 音楽:ブリュノ・クーレ
 主演:ダニエル・オートゥイユ

 ストーリー
 凄腕刑事だったルイ・シュナイデル(ダニエル・オートゥイユ)は妻子が事故にあい、妻は寝たきりの生活に娘は死んでしまった事をずっと引きずっていた。そんな彼は酒を飲んでバスジャックをする失態を犯し、捜査課から夜警班に回された。しかしルイは女性を狙った連続強姦殺人事件を単独で捜査する。その頃、刑務所では彼が逮捕した殺人犯、シャルル・スブラ(フィリップ・ナオン)が仮釈放されようとしていた。
 


 元警察官という経歴を持つ監督のオリヴィエ・マルシャルの待望の最新作。前作『あるいは裏切りという名の犬』に引き続きダニエル・オートゥイユが主演を勤めた。そんな最強コンビが再び実話を基にした作品を手掛けた。「これは期待するしかないでしょ!」という思いで見たが、正直がっかりな作品だった。
 本作の主人公、ルイ・シュナイデル刑事を演じたダニエル・オートゥイユは、前作よりさらにダークな役をこなした。過去の出来事を引きずる設定は他の映画でもあるが、これほど生々しく描いたのは本作だけではないだろうか? 酒を浴びるように飲み、過去から逃れようとする姿がなんとも言えない。演出もなかなかだ。所々過去をフラッシュバックさせている。いや~、ダニエル・オートゥイユは良い俳優ですよ。
 にしても殺人現場も経歴を生かしたのか、生々しい。いかに残忍な犯行かよく分かる。見ていて思わず「うっ」と言ってしまった(^-^;
 そしてお馴染みの生々しい警察内部。冒頭のバスジャックしたルイを庇い、事件を揉み消すシーン。あれはどんな映画で見ても複雑な気持ちになりますね。あえて言いませんが(`^´)
 まあ、とにかく。今回もハードボイルドの雰囲気を全編に渡って漂っている。それは間違いない。
 しかし今回、僕は見ていて混乱しました。確かに演出もよく緊迫したシーンもあってよかったのですが、サブストーリーは余計だと思ったのです。メインは連続強姦殺人事件。サブは過去の殺人犯の話。そのサブでは両親を殺された女性、ジュスティーヌ役のオリヴィエ・ボナミーがメインとなる。このジュスティーヌがどうも邪魔で仕方ない。というのも。連続強姦殺人事件が過去の殺人犯と関係がある訳ではなく、ジュスティーヌのトラウマだけだし。いまいちよく分からない。場面も急に変わるし、延々と殺人犯が仮釈放されるという恐怖があるだけだし。これがなんらかの形で殺人事件と繋がるのならいいのだが、そんな考えも虚しく。全く関係なかった。ただ被害者の思いが合間合間に出るだけ。
 この作品を見て思ったのだが、これは変に余計なサブを作らずに前作の『あるいは裏切りという名の犬』や同じ実話系で『新ポリス・ストーリー』のように的を絞ってほしかった。それもあって、ハードボイルドでもありサスペンスであるのです。ちょうど中間にあるような感じです。個人的には、はっきりとしてほしかった。
 でも悪い事ばかりではなかった。出演者の中に『あるいは裏切りという名の犬』で脇にいた役者さんがいたのです。一人はルイの上司のマリー役を演じたカトリーヌ・マルシャル。実はこのカトリーヌ・マルシャル、監督のオリヴィエ・マルシャルの奥さんなのだ。
 それとルイを敵意するコヴァルスキ役のフランシス・ルノー。フランシス・ルノーは前作のような仲間思いの役ではなく、かなり嫌われ者の役で驚いた。

 ちなみに原題の『MR73』はラストでルイが親友であるジョルジュが大切に保管していた銃を使用するが。あれこそフランスのマニューリン社が開発したマニューリンMR73なのだ。そう、原題はこの銃の名前から取っているのだ。マニューリンはパリ市警やフランスの特殊部隊GIGNなどで採用させている信頼性のある銃だ。

 そんな訳で。ようはストーリーが少し複雑で「ハードボイルドなのか?」と疑問になる映画でした。本当に期待していただけに本当にがっかりだ。でも心理描写などはよかったです。

 オススメ度

 ★★★☆☆

拍手[2回]

PR
| REC/レック | top | ドーン・オブ・ザ・デッド |
| 8 | 7 | 9 | 6 | 5 | 4 | 3 | 2 | 1 |
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
最新コメント
プロフィール
HN:
李仁古
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]
 / Photo by MIZUTAMA