忍者ブログ
映画は死んだのか!?
李仁古の勝手に映画評論! 
[PR] 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





原題 DISTRICT 9


 監督:ニール・ブロムカンプ
 脚本:ニール・ブロムカンプ
    テリー・タッチェル
 製作:ピーター・ジャクソン
    キャロリン・カニンガム
 製作総指揮:ビル・ブロック
       ケン・カミンズ
 撮影:トレント・オパロック
 編集:ジュリアン・クラーク
 音楽:クリントン・ショーター
 主演:シャルト・コプリー

 ストーリー
 ある日、南アフリカ共和国のヨハネスブルグの上空に巨大な宇宙船が突如として現れた。政府は軍を派遣し、謎の宇宙船に潜入した。そこにいたのは瀕死状態のエイリアンが何十体もいた。政府はエイリアンを難民として受け入れ、“第9地区”の仮設住居に住ませた。
 それから進展もないまま月日が流れ、民間企業のMNU社に全権が任された。エイリアンと市民の対立が激しさを増し、MNUはエイリアンを“第9地区”から“第10地区”に移住する作戦を決行。その作戦の指揮を取るのがヴィカス・ファン・デ・メルヴェ(シャルト・コプリー)。彼らはサインを求めてエイリアンの家を回っていると何かの実験室を見つけ、そこで謎の液体が吹き出し……。

拍手[0回]

PR
| top |
|
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
最新コメント
プロフィール
HN:
李仁古
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]
 / Photo by MIZUTAMA